レーザー脱毛 施術 流れ

MENU

レーザー脱毛の施術の流れ

 

疑問

わたしがレーザー脱毛をしてみたいと思ってまず気になったのは、クリニックに行ってどんなことをするのか?でした。
初めてのことを体験するときは何でもドキドキしますが、この流れを知っているだけでちょっと安心できると思います。

 

 

申し込み・予約

 

電話やメールで問い合わせます。
質問があればこの時点でも受付スタッフに答えてもらうことができます。

 

 

前日準備

 

来店の前日にカミソリなどで表面の毛を処理します。
毛根がないと効果がでないので少なくとも3週間前からは毛を抜くことはやめておきます。
また、日焼けした黒い肌は炎症を起こしやすくなるので注意が必要です。

 

 

カウンセリング

 

来店して受付を済ませたら、カウンセリングを受けます。
希望の部位、肌状態の確認、レーザー脱毛に関する話や注意事項について説明を受けます。
不安や疑問があったら、何でも尋ねて必ずここで解消しておきましょう。

 

 

診察

 

レーザー脱毛できる皮膚、毛質かどうかを診察します。
傷や色素沈着があった場合は施術を受けられない場合もあります。

 

 

施術準備

 

自己処理できない部位(背中など)は毛の処理をします。
機器や照射する部位によっては冷却ジェルを塗ることもあります。
また、顔に照射する場合は事前に化粧を落としておきましょう。

 

 

レーザー照射

 

レーザーを照射していきます。
痛みは「ゴムではじかれるくらい」とよく表現されますが、実際に私の場合もそのくらいでした。
それよりも痛みが強くて耐えられないと感じたら、すぐに申告しましょう。
出力を調節したりして対応してくれます。
事前に決めた範囲を順にずらしながら隙間なく照射したら終了です。

 

レーザー

施術中はレーザー光線が目に入るといけないので、タオルなどで保護されますので見ることはできません。
また、テスト照射をしてから施術に入るクリニックもあります。

 

 

アフターケア

 

施術が終わったら照射箇所をしばらく冷却します。
その後、炎症を抑えるスプレーや軟膏を塗ってもらうところもあります。

 

 

次回の予約

 

次の施術日を予約します。
毛の生える周期に合わせて、通常2〜3か月後となります。

 

 

施術後はしばらくの間、皮膚が赤みを帯びたりヒリヒリした感じが残りますが、通常は時間が経つにつれて収まってきます。
症状がひどかったり、なかなか収まらない場合は、クリニックに問い合わせて処置を受けましょう。

 

数日後には皮膚の下に残っていた毛が抜けおちます。
それまでは強い刺激を与えたり無理やり抜いたりしないようにしましょう。