脱毛 方法 種類

MENU

脱毛方法の種類を知ろう

 

脱毛にもさまざまな方法があります。
それぞれの特徴やどこで処理ができるのかなどをまとめました。

 

 

1.剃る

 

カミソリや専用シェーバーを使って毛を剃る脱毛方法です。

 

カミソリは安価で購入できお風呂のついでに行っている人も多い手軽な方法ですが、肌の表面に出てきているムダ毛のみを処理することになるので、すぐにムダ毛が目立ってしまいます。
また、処理する際に皮膚を傷つけてしまうこともあるので、肌荒れなどが起きてしまうこともあります。
肌の負担を考えるとあまりお勧めできる脱毛方法ではありません。

 

 

2.抜く

毛抜き

 

ピンセットやツイーザーなどを使って毛を抜き取る脱毛方法です。

 

1本1本確実に抜き取ることができ、手間さえかければ1週間程はムダ毛を気にすることなく過ごせる人が多いようです。
しかし、毛を抜く際に毛根の組織が傷つけられて、より太い毛を生み出したり、毛を埋没させてしまうこともありますので注意が必要です。
毛の量によりますが処理のために費やす時間がかなりかかってしまうことも見逃せません。

 

 

3.脱毛クリーム

 

専用のクリームを塗って毛をとかす脱毛方法です。

 

毛穴の中の毛も少しだけ溶かされるので剃るよりは効果は続きます。
ちくちくした感じがないのも良いところです。
しかし、体質によってはクリームの成分で赤みやかゆみが出る人もいるので、使用前に必ずテストしなければなりません。

 

 

4.家庭用脱毛機器

 

いろいろな種類の機器があり、ものによって脱毛方法や効果が異なりますので主な3つの方法を解説します。

 

抜くもの

回転するローラーについたツメが毛を挟んで引き抜く脱毛機器です。
大手電機メーカーからも販売されていて比較的安く購入できます。
毛を引き抜くために毛根組織が傷つけられる可能性があります。

 

熱線式のもの

皮膚ギリギリに熱線を当てて毛を焼切る脱毛機器です。
no!no!〜が代表的ですね。
痛みを感じることなく肌も傷つかないと言われていますが、長期的な効果は期待できません。

 

光を使ったもの

光を当てて毛根を焼く方法を使った脱毛機器です。
家庭で利用できるものは光のパワーが限られているため永久的な効果は疑問が残ります。
また機器によって値段や安全設計に差がありますので、購入の際は十分検討したいものです。

 

 

5.ワックス脱毛

 

専用のワックスを肌に塗り毛をからめ取る脱毛方法です。
温まってドロドロになったワックスを塗り広げたらその上に紙を貼ります。
ワックスが冷めて固まった後、紙をはがすとワックスと一緒に毛がいっきに引き抜かれます。
ワックスと紙が一体になったシート状のものもあります。
毛がワックスにからみつかないと抜けないのである程度の太さと長さが必要です。

 

効果やデメリットは抜いた場合とほぼ同じですが、1本1本抜くよりは肌への負担が少ないと言われています。
また、エステサロンなどで行っているところもあります。

 

 

6.光脱毛

 

黒い色に反応する光をあてることで毛を処理する脱毛方法です。
赤みが出にくい、痛みが少なく短時間で終わる場合が多いです。
レーザー脱毛や針脱毛に比べて永久的な効果は劣ります。

 

 

7.レーザー脱毛

 

クリニック

黒い色に反応するレーザーをあてることで毛を処理する脱毛方法です。
効果は針脱毛に次いで高く、短時間で処理できますが、痛みは光脱毛よりも強いことが多いです。
医療行為にあたるため必ず医療機関でしか受けることはできません。

 

 

8.針脱毛

 

ものすごく細い針を毛穴にさして電気を流し毛を処理する脱毛方法です。
1本1本処理しなければならないために、時間がかかりますが、白い毛や細い毛にも効果があります。
毛や肌の色に関わらず処理できますが、痛みは強く、時間がかかるために高額になりがちです。

 

 

 

脱毛方法

処理する人

脱毛頻度

痛み(※)

剃る 自分 1~3日
抜く 自分 1~2週間
脱毛クリーム 自分 3日~1週間
家庭用脱毛器 自分 機器によって異なる
ワックス脱毛 自分orエステサロンなど 約3週間
光脱毛 エステサロンorクリニック 2、3か月に1度の来店
レーザー脱毛 クリニック 2、3か月に1度の来店
針脱毛 クリニック 3週間に1度の来店

※1〜5:数字が大きい程痛みが強い