光脱毛 レーザー脱毛 ここが違う

MENU

光脱毛とレーザー脱毛はここが違う

 

これからプロに脱毛をお願いしようと考えたときには、「光脱毛」と「レーザー脱毛」の2つが選択肢として挙げられます。
エステサロンでは「光脱毛」が、クリニックでは「レーザー脱毛」が主流になっています。

 

どうしよう

この2つがどのような脱毛方法なのか、何が違うのかをよく分かった上でベストな方法を選びましょう。
違いを知らないで受けてみて後悔することがないようにしたいですね。

 

 

 

光脱毛ってどんなもの?

しくみ

 

皮膚の表面に黒い色素にのみ反応する特殊な光を照射し、毛根を刺激して脱毛を促すという脱毛方法です。
IPL(インテンスパルスライト)脱毛、プラズマ脱毛、フラッシュ脱毛などとも呼ばれています。
黒い色素にしか反応しないため、白髪などの白い毛や産毛などの細い毛には効果がありません。
また、日焼けした肌や色素沈着している箇所は肌への影響を考えて使用できない場合があります。

 

特徴

 

数種類の光を広い範囲に照射するので、肌への働きかけが緩やかなために痛みが少ないという特徴があります。

 

一般的にはエステサロンなどで施術を受けますが、家庭用の機器も販売されているので自分で行うことも可能になりました。
しかし、家庭用の機器の効果がどの程度なのかや安全性は定かではありません。

 

 

レーザー脱毛ってどんなもの?

しくみ

 

脱毛を促すしくみは基本的に光脱毛と同様ですが、医療用のレーザーを利用します。

 

特徴

 

光の広がりが少ないレーザーを使用しているためにエネルギーがより深くまで届くので、高い効果が期待できます。
痛みについては光脱毛よりも強いとされますが、痛みを軽減する機能が備わった機器や麻酔クリームなどで対応することが可能です。

 

資格のある者しか施術を行えないのでエステサロンで受けることはできません。
クリニックなどの医療機関で受けられます。
また、販売されている家庭用の機器は誰でも扱えるようにパワーを落としてあるので、効果は不明です

 

 

知っておきたい2つの脱毛の違い

 

黒い色素に反応する光を使って毛の組織を破壊するというしくみは、光脱毛もレーザー脱毛も同様ですが、違いはその光の“波長”にあります。
光脱毛は複数の波長をもつ光を、レーザー脱毛は単一の波長の光を使っています。

 

 

ポイント

受ける側にとっては次のような違いを知っておくといいと思います。
 

  1. 施術を受けられる場所
  2. 効果の持続期間
  3. 料金

 

レーザー脱毛はパワーが強力なために「医療行為である」とされています。
そのため医師のいる医療機関でしか行えません。

 

光脱毛はエステサロンで、レーザー脱毛はクリニックで提供されているのはこのためなのです。

 

万が一肌にトラブルが起きた場合でも、クリニックであれば医師がすぐに対応できますが、エステサロンでは医療機関へ行って処置を受けることになります。

 

また、レーザー脱毛は永久脱毛と謳えるのですが、光脱毛はそうではありません。
個人差はありますが、威力の弱い光脱毛では毛が生える元まで破壊することができないと言われており、時間が経つと元のように毛が生えてくることもあります。

 

1回あたりの料金については、光脱毛の方が安く設定されていることが多く手軽感があります。
しかし、レーザー脱毛の方が施術に通う回数が少なくて済むので結果として経済的なこともあり得ます。

 

脱毛方法

光脱毛

レーザー脱毛

施術場所 エステサロンなど 医療機関
効果 減毛 脱毛

施術回数
(部位によって異なるためあくまで目安)

10回程度 5、6回
料金 1回あたりは安いが、効果の出方によっては結果として高くなることも 高めの料金設定が多い
リスク やけどや炎症が起きた場合は医療機関へ行って処置を受ける 炎症反応などのトラブルが起きることもあるが、医師による処置をすぐ受けることができる